サイバー攻撃による被害とは

サイバー攻撃は、インターネットを経由して、標的となるコンピューターやシステムに対して不正なアクセスを仕掛けます。その結果、システムがダウンしたり、重要データが漏洩、改ざん等の被害が出たりする可能性があります。機関情報が破壊されるため、自社にとって多大な被害となるだけでなく、外部に迷惑をかけることで企業としての信頼性も低下することになります。

新着情報

サイバーセキュリティサービスを利用しよう

サイバーセキュリティサービス導入すると、サイバー攻撃に関する知識や経験が豊富な専門家が対処してくれます。したがって自社内で全てを対処するよちも、安心して任せることができます。また、自社ではセキュリティ対策に充てることができる人的資産やリソースが不足しているケースがあり、これをカバーするメリットもあり有用です。

サイバー攻撃の種類

男性

マルウエアによる不正アクセス

不正なリンクをクリックしたり、悪意のある添付ファイルを開いたりした際に、コンピューターがマルウエアに感染します。感染したコードが発動すると、データの漏洩や破壊の他、悪質なものには不正送金や遠隔操作を実行するタイプがあります。

フィッシングによる詐欺被害

正常なサイトのログイン画面と全く同じ偽サイトへ誘導して、パスワードやクレジット番号などを盗む手法がフィッシングです。悪意のあるメール等で偽サイトに誘導し、不正リンクをクリックさせようとします。

Dos攻撃によるサイトダウン

Dos攻撃は、ターゲットとなるサイトに対して、アクセスを集中させることで機能不全にするものです。想定以上のアクセスが集まると、サイトが表示できなかったりシステムがダウンすることを狙う手法です。

サイバーセキュリティサービスを依頼!【不正アクセスを防ぐ】

女性

サイバーセキュリティ対策を依頼する際の流れ

サイバーセキュリティ対策をお願い、また導入する場合は、運営会社のホームページ上にある問い合わせフォームからでも連絡できます。自社が望む要求仕様を明確にして、提供サービスの見積もり依頼から初めます。そして納得できるサービスを提供する会社に正式に依頼する段取りとなります。
その際には、緊急事態に即時で対応してもらえるのか、専任の担当者がいるのか等、気になる点を相談しましょう。システムの運用が開始した以後に、セキュリティ被害が発生した場合に原因調査から具体的な対応してもらえるか否かは重要だからです。

オフィス

サイバーセキュリティシステムの選び方

複数のサイバー攻撃の脅威に対して、専門知識や経験が豊富な専門家が在籍しており、適切な対処を行ってくれることが重要です。選びたいサイバーセキュリティサービスのポイントには、事象を解析する専門家の確保や、海外から最新のセキュリティ情報を収集できる能力の有無を挙げることができます。
本来は自社がやるべき業務を、システムが代行することが目的ですので、自社でうまく機能するのか判断しましょう。また、システムから提出される分析結果が検証しやすく、被害を低減できるかも合わせて検討すると良いでしょう。